Dropbox有料版が高いって?安くなる方法はコレだ!

dropbox有料版
クラウドストレージ使っていますか?
クラウドストレージという名前はあまり聞き慣れない名前かもしれません。

クラウドストレージはインターネット上(クラウド)に自分用の収納スペースを作り、ネットさえ繋がっていれば自由に保存したり取り出したりできる、とっても便利なサービスです。
今では欠かせないサービスになっていますよね!

アップルのiCloudDriveやマイクロソフトのOneDrive、グーグルのGoogleドライブなどが有名です。
私が愛用しているクラウドストレージの老舗ともいえるDropboxも有名でユーザーも多いですよね。
きっとクラウドストレージを使っている人はこの中のどれかを使っているんじゃないでしょうか?

パソコンから格納したデータをスマホから取り出したり、会社で保存したWordやExcelファイルを自宅で取り出して作業の続きをする、なんてこともできて便利ですよね。
チームでファイルを共有する、なんて使い方も仕事で結構していたりするんじゃないでしょうか。
私も仕事でDropboxでファイルのやりとりする機会がかなり増えてきました。

もう仕事でもプライベートでもクラウドストレージは手放せないですよね。

スポンサードリンク




Dropboxの有料版もだいぶ安くなってきました!

dropboxDropboxは、基本的には無料で使えるのですが、有料版もあります。
機能や容量が限定的な無料版でも十分満足!という人も多いと思いますが、写真や動画などを保存すると意外とすぐに容量が一杯になってしまうんですよね。

「容量がいっぱいになってきてます」なんてお知らせがきて、焦りながら不要ファイルを削除しても焼け石に水で、すぐにまた容量がいっぱいになってしまいます。

便利なサービスは捨てがたいし・・・という人は思いきって有料版を検討してみてはどうでしょうか!

クラウドストレージ業界も”雨後の筍”のように次々と登場して競争が激しいですからね!
老舗のDropboxも負けていられません!
有料版のサービス内容がここ最近グンっと向上して、保存できる容量も1TB(テラバイト)になり、料金も劇的に安くなり、無料版から有料版へ移る壁がだいぶ低くなりました。

Dropbox有料版、安くなったといっても結局は高いんでしょ?

Dropboxの公式サイトから有料版に申し込むよりもお得な方法は別にあるのですが・・・それはあとでご紹介するとして、まずは公式のお値段をご紹介!

月払い・・・1,200円/月
年払い・・・12,000円/年(月換算1,000円/月)

容量・・・1TB(1,000GB)

有料版に申し込むなら、間違えなく年払いでしょう。
年間12,000円を高いとみるか安いとみるかというのは人それぞれですが、私は決して安いとは言わないですけど、高いとも思わないです。

1TBという大量のデータが外出先や勤務先から自由にアクセスできるというのが便利すぎてクセになります!
数年前じゃ考えられないです。メールに添付して自分に送ったり、USBメモリーで持ち運んだりという時代が懐かしいです。

パソコン内のハードディスクや外付けのハードディスクに保存するよりも、比べ物にならないくらいの安心があります。
大事な思い出の写真や重要な仕事のデータは、個人で持っているハードディスクだと、軽く衝撃を与えるだけで消えたり、間違った操作でも一瞬で消えたりします。
Dropboxはデータのバージョン履歴もあるので、間違って削除してしまってもファイルを復活できます。

クラウドストレージだと火事や地震でパソコンが壊れてもデータは残っているので、そういった災害にあったときの思い出の写真データの紛失などによる精神的な苦痛も防げる、というのもあります。

安心を買うという意味でも、決して高くはないですよね。

スポンサードリンク




Dropbox有料版が更に安くなる方法はコレだ!

Dropboxの有料版をおさらいすると、

月払い・・・1,200円/月
年払い・・・12,000円/年(月換算1,000円/月)

容量・・・1TB(1,000GB)

ですよね。

実は、公式サイトには掲載されていないプランがあるのです!

それは、

3年払い・・・24,000円(月換算666円/年換算8,000円)

という超お得なプランです。
通常の年間払い2年間分で3年間利用できるんです!

1TBを年間8000円で使えるとなると、GoogleドライブやOneDriveといったどのクラウドサービスよりもダントツお得です。

このDropbox有料版3年払いを申し込めるのはソースネクスト公式サイトです。

↓ソースネクスト公式サイト↓
Dropbox Pro

こんなにお得なプラン、公式サイトから申し込めるようにしたらいいのに!!と思うのですけどね。
知ってる人だけ得をする、世知辛い世の中ですね。

まとめ

クラウドストレージ創成期には大量にでてきた色々な会社の色々なサービス。
多くのクラウドストレージサービスがでてきては淘汰されて、本当のクラウドストレージだけが残ってきています。
そういう意味ではクラウドストレージの老舗として牽引し、現在もトップリーダーとして走り続けているDropboxは本物だと思っています。

私はDropboxを使い続けていますが、まだまだDropbox有料版を揺るがす他のクラウドストレージは出てこないですね。
次の更新もやっぱりDropboxで、ソースネクストの3年払いで更新しようと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ