洗濯洗剤の中性と弱アルカリ性の違いは何?どっちが良いの?

洗濯
洗濯洗剤って何となく適当に買っていました。何となく同じブランドで継続しているという人、もしくはドラッグストアで特売になっている安いものを買うという人が多んじゃないでしょうか。

我が家では何となく継続して同じブランドのものを使っているけれど、とくにこだわりは無いです。

でも、最低限知っておかないといけない知識があることに最近気づいたんです。それは洗剤の液性というものです。液性といってもピンとこないですよね。酸性・中性・アルカリ性と言ったらピンと来ますよね。この酸性・中性・アルカリ性が液性です。

家で使っている洗剤の液性が酸性なのか中性なのかアルカリ性なのかすぐに言える人はなかなかいないんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク




酸性・中性・アルカリ性って何?

酸性・中性・アルカリ性といった液性は何によってかわるのでしょうか。

これは知っているという人も多いと思いますが、液体のpH(ペーハー)という値によって、酸性・中性・アルカリ性が決まります。

洗濯洗剤をはじめ台所用洗剤やトイレ・お風呂などの洗剤にはpHの値によって次のように表記されています。

pH 液性
3.0未満 酸性
3.0以上 6.0未満 弱酸性
6.0以上 8.0以下 中性
8.0を超えて 11.0以下 弱アルカリ性
11.0を超えるもの アルカリ性

この5つの液性の中で、洗濯洗剤として市販されているものは「中性」または「弱アルカリ性」となっています。

では、この「中性」の洗濯洗剤と「弱アルカリ性」の洗濯洗剤はどう違うのでしょうか。

中性の洗濯洗剤と弱アルカリ性の洗濯洗剤、どう違ってどう使い分ける?

洗濯の種類
洗浄力の面からするとpHが7前後の中性よりも、phが0に近い酸性やphが11を超えるアルカリ性の方が洗浄力は強いです。

ただ、酸性やアルカリ性が強くなってしまうと、汚れは落ちるけれど洗浄力が強すぎて、手肌を痛めたり衣類を痛めたりしてしまいます。

トイレの有名な洗剤「サンポール」なんて「酸が効く」なんてキャッチフレーズがあるくらい強力な酸ですよね。トイレの頑固な汚れには効果が期待できるけれど、手を洗ったり衣類を洗ったりすることはできません。強力すぎて手肌や衣類を痛めてしまいますからね。

同じくアルカリ性が強い「カビキラー」や「トイレハイター」といった強力な洗剤もありますよね。このカビキラーやトイレハイターといった洗剤でも手を洗ったり衣類を洗ったりできませんよね。

中性よりも酸性やアルカリ性のどちらかに寄った方が洗浄力は強いということです。ただ、洗浄力が強すぎると衣類を痛めてしまうので”弱”アルカリ性となっているわけですね。

洗濯洗剤には弱アルカリ性があって弱酸性の洗剤は無いの?

さきほど洗濯洗剤として市販されているものは「中性」または「弱アルカリ性」と言いました。ただ、実際は「弱酸性」の洗濯洗剤も売られていますが、ごく一部です。よっぽど洗濯マニアじゃない限り気にしなくてもいいと思います。

酸性の洗剤はアルカリ性の汚れをよく落として、アルカリ性の洗剤はは酸性の汚れをよく落とします。

衣類の汚れのもとになる人の汗や油汚れが酸性なのでアルカリ性と相性が良いので洗濯洗剤は弱酸性の洗剤でなくて弱アルカリ性の洗剤になるというわけですね。

スポンサーリンク




中性と弱アルカリ性の使い分け。中性洗剤の存在する意味は?

洗濯洗剤は中性よりも弱アルカリ性の方が洗浄力が強いということはわかってもらえたと思います!

だったら洗濯の時は全部弱アルカリ性の洗濯洗剤でいいですよね。でもなぜあえて中性の洗濯洗剤が存在するのでしょうか。

それは、中性洗剤が必要なのかというと洗濯で痛みやすい生地の衣類や大事に洗いたい衣類ってありますよね。そういう時に使うのが中性洗剤というわけです。

いわゆる「おしゃれ着洗い」に使う洗剤が中性洗剤ですよね。「アクロン」「エマール」「ボールド」などが有名ですよね。

テレビCMなどを見ても、弱アルカリ性洗剤の代表格である「トップ」「アタック」「アリエール」などは「頑固な汚れを落とす!」という強い感じのイメージなCMですが、「アクロン」「エマール」「ボールド」などの中性洗剤は「優しく洗いますよ」な感じが出ていますよね。

まとめ

では、結局洗濯には中性の洗濯洗剤と弱アルカリ性の洗濯洗剤のどちらを使えばいいの?ということになりますが、弱アルカリ性の洗剤を通常は使って、大事な服や痛みやすい衣類のときには中性の洗剤を使えばいいというのが答えになりますね。

おまけにもうひとつ・・・

弱アルカリ洗剤には液体洗剤との粉末洗剤の洗剤がありますよね。液体洗剤と粉末洗剤を比較すると粉末洗剤の方がアルカリ性の性質が強いので洗浄能力は粉末洗剤の方が強いです。

とにかく汚れを落としたいという場合は弱アルカリ性の粉末洗剤が良いですね。

スポンサーリンク




コメントを残す

このページの先頭へ