三井住友銀行ののATM手数料(銀行・コンビニ)が無料になる条件

三井住友銀行
学生時代からずっと三井住友銀行を使っています。
まぁ、それはいいとして、もう十数年も使ってるんだから、そろそろ「三井住友銀行のことなら何でもおまかせ!」と豪語できるほど詳しくなっててもおかしくないですよね。
ただ、現実は「この時間、お金引き出すのは手数料いるんだっけ?」とか「預け入れってそもそも手数料いるんだっけ?」とかATMを使う度にドキドキしています。

「たしか・・・この時間帯は手数料いらないはず!」なんて勢いでATMを使い、最後に出てくる明細書に「手数料 216円」なんて書いてあって「うわぁ〜」っと悔しい思いをしたのはいまだに覚えています。

これから長い人生まだまだ三井住友銀行のATMを使うことはたくさんあるはずですよね。
なので、ここは思い切ってATM手数料が無料になる条件を頭に入れておきたいと思います。

ここでは主に利用する三井住友銀行の本支店ATMとコンビニATM(イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM)での手数料についてまとめていきます!

スポンサードリンク




まずは基本となるATM手数料

基本となるATM手数料です。これをまず頭に入れておかないと始まらない!
対象は「預け入れ」と「引き出し」です。

「預け入れ」も手数料が必要なのは忘れがちですよね!

三井住友銀行の本支店ATM

  • 平日(8:45以前)・・・108円
  • 平日(8:45〜18:00)・・・無料
  • 平日(18:00以降)・・・108円
  • 土日祝日(終日)・・・108円

コンビニATM(イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM)

  • 平日(8:45以前)・・・216円
  • 平日(8:45〜18:00)・・・108円
  • 平日(18:00以降)・・・216円
  • 土日祝日(終日)・・・216円

手数料216円取られた日にはもう悔しくて寝れないです。
ちなみにこのコンビニATMの手数料と同じなのがゆうちょ銀行のATMです。
ど田舎だとコンビニがないところもあるけれど、郵便局(ゆうちょ銀行)ならあるので、頭の片隅に知識として入れておこう!

コンビニATMはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど、どのコンビニATMでも手数料は同じです。
今は無くなってしまいましたが、AM/PMのコンビニATMは三井住友銀行ユーザーには優しかった記憶があります。
もう今はではどこのコンビニATMも一緒ですね。

スポンサードリンク




三井住友銀行の本支店ATMを無料で使う条件

平日の8:45〜18:00は無料なので、できるだけその時間にATMを使うのが間違いないです。
土日に使う分も平日に引き出しておくのがいいですね。

平日の8:45〜18:00以外の時間帯に無料にする方法はいくつかあります。

ATMを利用する時点で、預金残高が10万円以上ある

ATMを利用するタイミングで、預金残高が10万円ある場合は、それだけで三井住友銀行の本支店ATM手数料は無料になります。
なので、入った給料を全部引き出してしまう!ということはせずに10万円くらい口座に残しておきたいですね!

ただし、この条件ではコンビニATMの利用料には影響を与えません。
あくまで、手数料無料は三井住友銀行の本支店ATMの利用のみが対象です。

「SMBCポイントパック」に申込んで、かつ条件に合致している

もう一つは「SMBCポイントパック」を申し込んでいる状態で、次のいずれかの条件に合致していることです。
「SMBCポイントパック」って何か知らずにすでに入っている人も多いと思います。

三井住友銀行のネットバンクサイトから、ATM利用料が無料になるなどのお得なサービスを受けられる「SMBCポイントパック」に申し込めます。
ネットバンクを使っているなら申し込んでいないと、本当に損です。

SMBCポイントパックって初めて聞いた・・・という人は加入しているかどうかネットバンクにログインして確認しましょう!

「SMBCポイントパック」に申し込んでいる前提で、次の条件のうち1つでも合致しているとATM無料サービスが受けられます。
無料になる対象は、三井住友銀行の本支店ATMもコンビニATMも終日無料になります!
ただし、コンビニATMが無料になるのは月に4回までなのがスッキリしないですよね。
どうせなら何回でも無料で使っていいよ!くらいの気概が欲しいですね。

で、肝心の条件とは次の6つです。1つでも当てはまっていたらOKです。

  • 「当月」に給与もしくは年金の受け取り実績がある。
  • 「当月」に三井住友カード、もしくはセディナカードの利用代金引き落としがある。
  • 「当月」の預かり資産の残高合計が30万円以上ある。
  • 「当月末」にローンの借入残高がある。(住宅ローンなど)
  • 「当月末」にWeb通帳の契約がある。
  • 「当月末」にカードローンの契約がある。

該当の口座で給与や年金を貰っている人はすでにクリアです。
そうじゃない人はWeb通帳を作るのがてっとり早くて簡単ですよね。

毎月25日・26日は終日手数料無料!

あまり知られていないのが、毎月25日と26日は終日手数料が無料になります。
会社から振込まれた給料をすぐに引き出したい人にとってはありがたいですよね。

ただし、この無料サービスは三井住友銀行の本支店ATMだけでのサービスになります。
25日や26日はATMがすごい並ぶので、それはちょっと面倒なんですよね。

ちなみに、25日が土日祝日の場合はその前の窓口営業日が手数料無料になり、26日が土日祝日の場合はその次の窓口営業日が手数料無料になります。

まとめ

いままできちんと理解せずに三井住友銀行を使ってきましたが、今回初めてきちんと手数料について頭に入れておこうとまとめてみました。
とりあえず、これだけの知識を頭の中に入れておいたら、手数料216円を取られてしまって悔しい思いをすることもないと思います。

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ