URなら収入審査無しで賃貸マンションに入居できる!無職やフリーター、個人事業主でもOK!

UR賃貸

収入が無い無収入の人や収入が少ない人が賃貸マンションを借りようとしてもなかなか難しいのが現状です。

リストラされたり転職活動中の無職の人、フリーターでアルバイト生活をしている人、個人事業主(フリーランス)として活動しているけれど、収入が少ない人など、正社員以外の人は正社員に比べて入居審査のハードルが上がっているのは確実です。

加えて、無職の人や、もしくは収入が低いフリーターや個人事業主となると尚更入居審査のハードルがあがります。

それでは、現在収入が無い無収入の人、もしくは収入が少ない低収入の人は賃貸マンションを借りることはできないのでしょうか?
2つのケースを見て行きます。

スポンサードリンク




収入が少ない、もしくは無収入だけれど貯蓄はたっぷりある

貯蓄がたっぷりあっても安定した収入がない、もしくは無収入の場合は民間の不動産屋では審査が通るかどうかは不確定です。
少なくとも、親や兄弟などの自分に近い間柄の保証人は必要になってきます。

しかし、URでは無収入でも貯蓄が家賃の100倍あれば、収入審査はパスとなります。

ただし、家賃の100倍は結構な金額になります。
家賃6万だと600万円、家賃10万だと1000万円となります。
僕の感覚だと、そんなに大金貯蓄している人って一握りじゃないでしょうか?

無収入ではなく少し収入があって、規程金額の2分の1の収入があるなら、家賃の50倍の貯蓄でも可能です。
それでもだいぶハードルは高いままです。

スポンサードリンク




収入が少ない、もしくは無収入だけど貯蓄は少しくらいある

貯蓄額が自慢できるほど多くはないけれど、大体1年間の家賃分くらいの貯蓄ならあるという人であれば、URに確実に入居できます。

入居できる条件は1年間の家賃をURに前払いすることです。

1年間の家賃前払いをURでは「一時払い制度」と言うのですが、この一時払い制度を使えば、URの入居審査をパスできます。
家賃6万だと72万円、家賃10万円だと120万円ですね。

この条件であれば、現在無収入な人や収入の少ない無職やフリーター、個人事業主の人でもクリアできる人が増えるんじゃないでしょうか。
しかも嬉しいことにこの一時払い制度を使用することによって、家賃も少し下がるんです!

収入に不安のある無職、フリーター、個人事業主などにとってかなり朗報なはず!

自分のタイミングで賃貸マンションを借りて住めればいいですけど、不意のタイミングで、必要に迫られてどうしても賃貸マンションに住まないという事情の人もいますよね。
しかし、今は収入が無い!アルバイトやフリーランスだけどどうしよう!!という人にとって、このURの前払い制度はどうしても民間の賃貸マンションの審査に通らない場合の心の支えになってくれると思います。

スポンサードリンク




詳細はUR公式ホームページ(便利な制度ページ)にて

コメントを残す

このページの先頭へ