イブクイック頭痛薬DXはシリーズ最強!特徴や違いをまとめました!

イブクイック頭痛薬DX

年中頭痛持ちの僕にとってはとっても頼もしい頭痛薬が発売されました。
その名は、「イブクイック頭痛薬DX」です。

イブクイック頭痛薬DXが登場するまでは、イブシリーズは4種類ありました。

  • 眠くなる成分が入っていない少し効き目が弱い「イブ」
  • 標準的な「イブA錠
  • 「イブA錠」よりもひとつ上の効き目「イブA錠EX
  • 素早い効果を発揮する「イブクイック頭痛薬

この4種類に加えて今回、「イブクイック頭痛薬DX」が新しく発売されたことになります!

このイブクイック頭痛薬DXは簡単に言うと、イブA錠EXとイブクイック頭痛薬のいいとこ取りの頭痛薬なのです!!

いいとこ取りとは具体的にどんな特徴なのでしょうか。

スポンサードリンク




イブA錠EXの特徴は「よく効く」

イブA錠EXの特徴は、痛み止め成分のイブプロフェンが標準「イブA錠」が150mg(2錠)なのに対し、イブA錠EXはイブプロフェンを200mg配合しています。
よって、イブA錠EXはイブA錠よりもさらにすぐれた効果を発揮する頭痛薬なんです。

イブクイック頭痛薬の特徴は「早く効く」

イブシリーズに配合されているイブプロフェンは、成分が溶けて吸収されるまで時間がかかります。
つまり、頭痛に効くまで少し時間がかかっていました。

そのデメリットを解決するのが、イブクイック頭痛薬に配合されている「酸化マグネシウム」なんです。
酸化マグネシウムを配合することによって、イブプロフェンの吸収が早くなり、その結果頭痛に早く効くようになっています。

イブクイック頭痛薬DXは「よく効いて早く効く」

イブクイック頭痛薬DXはイブA錠EXの特徴とイブクイック頭痛薬の特徴を併せ持った頭痛薬です。
イブプロフェンを200mg配合して「よく効く」ようになり、さらに酸化マグネシウムを配合し「早く効く」ようになっています。

今までは、イブA錠EXとイブクイック頭痛薬のどちらを選べばいいのか分かりにくいところがあったけれど、これからはイブクイック頭痛薬DXで解決ですね!

スポンサードリンク




問題はコストパフォーマンス

ただ、頭痛を治すためには金に糸目は付けない!というのであればイブクイック頭痛薬DXを選べばいいですが、やはりコスパも気になるところ。
各イブシリーズの料金を調べてみました。

爽快ドラッグ(楽天市場)

  • イブA錠 24錠 429円
  • イブA錠EX 20錠 645円
  • イブクイック頭痛薬 20錠 739円
  • イブクイック頭痛薬DX 20錠 1166円

コスパが高いのはダントツにイブA錠なんですよね。ドラッグストアでもよくセールされていますしね。
でも、頭痛は1分1秒でも早く治したいので、できればイブクイックDXを薬箱に入れておきたいところですね。

まとめ

イブクイック頭痛薬DXの登場でみなさんはどんな選択をしますか?

僕は今はスタンダードなイブA錠を使っていて、先日ドラッグストアでも薬剤師さんにイブクイック頭痛薬DXの説明を聞きながらもセール中のイブA錠を購入しました。

財布と相談して自分にぴったりのイブを探してくださいね!

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ