生前退位で皇后様、皇太子様はどうなる?秋篠宮様は皇太弟に?

天皇皇后両陛下

出典:www.sankei.com


天皇陛下の生前退位のご意向を示されたという報道が流れてきました。
しかし、皇室典範では天皇陛下の代わりに国事行為を行う「摂政」を置くことは想定されていますが、生前の退位制度に関する規程は全くありません

天皇陛下のご意向はとても重大ですが、必ずご意向に沿わなければならないということはありません。
「ご意向=決定事項」ではありません。

天皇陛下は摂政を置くことには否定的ということですが、最終的に混乱を招かぬように摂政を置くということに落ち着くかもしれません。

そもそも、宮内庁は「そのような事実はない」と天皇陛下の生前退位を真っ向から否定しています

生前退位が実際に行われるかどうかは現時点では不明ですが、もし生前退位が行われた場合に皇后美智子様や皇太子様、秋篠宮様のお立場(ご身分)はどのようになるのか気になったので調べてみました。

皇太子徳仁親王(皇太子様)が天皇陛下、雅子様が「皇后」様に

皇太子徳仁親王今上陛下が生前退位をされた場合、皇位継承の第一順位にある皇太子徳仁親王が天皇陛下に即位されます。

そして、天皇陛下のお妃様(配偶者)が皇后様となるので、雅子様が皇后様となります。

それでは皇后美智子様はどのように変わるのでしょうか。

皇后美智子様は「皇太后」様へ

皇后美智子さまは皇太后様となります。
「皇太后」という呼称はあまり馴染みがないですが、先代天皇陛下の皇后様であった人、また今上陛下の生母を「皇太后」といいます。

それでは皇太子には誰がなるのでしょうか。

皇太子になる人はいない?!

皇太子とは天皇陛下のお子さま(皇子)で、皇位継承の第一順位にあたる人のことを言います。

天皇陛下のお子さまにあたるのは愛子さまですが、現在は女性への皇位継承はありませんので「皇太子」ではありません。

また、皇位継承第一順位となる秋篠宮文仁親王は天皇陛下の弟であり、お子さまではありません。

よって皇太子は空席となります。

秋篠宮文仁親王はどうなる?

秋篠宮文仁親王秋篠宮文仁親王は天皇陛下のお子さまではないので「皇太子」ではありません。

では、どのようなお立場になるのでしょうか。

現行制度では規程されていませんが、「皇太弟(こうたいてい)」という地位が歴史的にはありました。
「皇太弟」とは皇位継承の第一順位である天皇陛下の弟のことです。

生前退位の規程を作る時に、皇太弟、もしくはそれに代わる何らかの規程も作る必要があると思います。

それでは天皇陛下が生前退位をした場合、天皇陛下ご自身はどうなるのか

生前退位の規程が現行制度にはないので、当然生前退位を行った場合の天皇陛下の身分についての決まりはありません。

歴史的には生前退位をした場合は、「太上天皇(上皇)」という尊号が贈られてきました。

生前退位について規程される場合は、この太上天皇(もしくは上皇)という尊号も合わせて復活すると思われます。

ちなみに、最後の上皇は、第119代の光格天皇でおよそ200年程前の話になります。

まとめ

皇室について、知っているようで少し掘り下げると知らないことが多いことに気付きます。

「摂政」という言葉は歴史用語と思いきや、現行の皇室典範でも使用されている言葉ということにも驚きました。

今後、生前退位について日本中で論争が起きると思いますが、これを機会に皇室についてもっと色々なことを知りたいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ