車の鍵が電池切れ!でもエンジンは掛けることができる!

エンジンの掛け方
最近の車の鍵はスマートキーという電子キーが主流ですよね。
車に差し込む鍵の部分がなくて、単にボタンがついているリモコンのような鍵です。

車の扉を解錠するとき、エンジンを掛ける時に車の鍵をいちいち鍵穴に鍵を差す必要がなくてかなり便利ですよね。

ただ、このスマートキーって電池で動いているんですけど、だいたい1年くらいで電池切れになるんですよね。
はじめて電池が切れたときは「うわっ、どうしよ〜」ってかなり焦りましたね。

まず、車の扉は解錠できないし、もちろん車内に入れないのでエンジンも掛けれない。

知っている人は当たり前のように知っているけど、知らない人は検討すらつかないというのが、電池切れの車の鍵でエンジンを掛ける方法です。
説明してくれるディーラーもあるみたいですけど、私は説明してもらった覚えがないです(泣)。

今では私も理解しているので電池切れでもそんなに焦らないけれど、同じ境遇で焦っている人のために電池切れの車の鍵でエンジンを掛ける方法を説明しますね。

スポンサードリンク




まずは車内に入れないとエンジンは掛けれない!車内に入る方法!

車の鍵車のエンジンをかけるには、まずは車内に入らないとだめですよね。
エンジンがかかったとしても、車内に入れなかったら運転もできないですしね。

じゃあ、どうやって車内に入るのか。
これは、スマートキーを普段触っていて知っている人も多いと思います。

スマートキーの中に車の鍵が格納されているんですね。
メーカーによっては少し違うかもしれないのですが、私の持ってるスバルのスマートキーの場合はボタンがついていてボタンを押すと、鞘から刀を抜くように鍵がスルッと抜けます。

この鍵を使って扉の鍵穴に車の鍵を差し込んで開けて車内に入れます。
ここまでは、多くの人が知っていると思います。

電池切れの車の鍵でエンジンをかけるには?

エンジンの掛け方車内に入れてもエンジンが掛からなければ意味がないですよね。
ではでは、電池切れの車の鍵でエンジンを掛けるにはどうすればいいんでしょうか。

もちろん、エンジンスタートのボタンをいつも通りに押してもエンジンは掛かってくれません。

車の鍵をエンジンスタートのボタンに押し付けるようにして、エンジンスタートボタンを押して下さい。

これでエンジンが掛かるはずです。
なんと簡単なんでしょう。でも、これ知らない人だと絶対思いつかない発想ですよね。

これでエンジンがかからない人は、原因は車の鍵の電池切れでなくて、車のバッテリー上がりかもしれません。
ルームランプを点灯してみて、つかなければバッテリー上がりの可能性が大きいので、別の対応が必要になってきます。

扉を開けてからエンジンを掛けるまでは手際良く!

セキュリティ付きのものは、スマートキー付属の鍵で開けたあと、一定の時間内にエンジンを掛けないと大音量のアラートが鳴ります。
私の車はセキュリティーなしなので鳴りませんけどね。
一定の時間というのはメーカーによっても変わるけれど、20秒〜30秒くらいが一般的のようですね。

車の鍵が電池切れで不安いっぱいな時に、大音量のアラートが鳴るとかなり焦りますね。
なので、エンジンを掛ける時は手際良くしましょう!

スポンサードリンク




もちろん電池の交換も忘れなく!

スマートーキー電池の交換車の鍵の電池はディーラーへ持って行くと、有料ですが交換してくれます。
でも、電池の交換は自分でもできます。

ただ、電池交換のフタのようなものがなく、こじ開けるようなイメージです。
機械にかなり弱い人は、家族の人や知り合いの人にしてもらうか、ディーラーにお願いした方がいいかもしれません。

余談ですが、電池はボタン電池です。
購入する時は、CR2025やCR1632など、メーカーによって使用している電池は違うので確認が必要です。
交換するボタン電池が100円ショップで売っていればそこで買ってもいいですけど、楽天で買うと100円ショップで買うのがバカらしいほど安く、しかも送料無料で購入できます。私はいつもここで買っています。完全に余談です。

チャーミ(楽天市場)

まとめ

メーカーによって違いはあるみたいですが、車の鍵の電池残量が少ないとき知らせてくれる仕組みがあります。
私の使っているスバルはスマートキーにある赤色LEDが点滅します。スピードメーターのところに表示してくれる車もあるみたいですね。

電池残量が少なくなって来たら、私みたいに何回も焦らないでいいように電池は早めに交換した方がいいですね。

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ