写真をスキャンするとホコリだらけ!スキャナーで綺麗に取り込む方法

スキャナーとエアダスター
久しぶりに写真をスキャナーでスキャンする機会があり、スキャンしました。
プリンターについているスキャンに写真を置いて、スキャナーボタンをポンッと押すだけ。
簡単ですよね。

スキャンした写真をパソコンの画面に表示してみると、「おいおいっ!」ってなりました。

細かい砂埃のような点々が写真中に散りばめられているんです。
特に、黒い背景では目立つのなんのって。
「まぁ、いっか」と、とても見過ごすことはできないホコリの量です。

写真を見たけれど、そんなホコリのようなものはついていないし、スキャナーのガラス面にもホコリはついてなさそう。
ティッシュやメガネ拭きで拭いてみても点々の場所が変わるだけで、やはりホコリっぽい点々は取れないのです。

色々と対策を調査して試行錯誤した結果、とても綺麗にスキャンできるようになりました。

こうすると綺麗にスキャンできますよ。

スポンサードリンク




まずはエアーダスターでホコリを吹き飛ばす

メガネ拭きやタオル、ティッシュなどでスキャナーのガラス面をせっせと拭いてもなかなかホコリは思い通りにとれません。
目に見えてないけど存在するホコリも結構あるのです。

そこで使うのが精密機器やキーボードの掃除などで活躍するエアダスターです。
スキャナーのガラス面と写真の表面をそのエアダスターで空気をプシューと吹きかけます。

あ、エアダスターは空気のようで実は可燃性のガスなので火気厳禁なので気をつけて下さいね。(ストーブの近くで使ってしまい、ドキっとしました)

エアダスターが家にないという人はとても便利なので、ひとつくらい家に置いておいてもいいと思いますよ。
精密機械の細かいコネクタの奥などのホコリをプシューっと飛ばせます。スマホなどの液晶保護シールを貼る時にもホコリを吹き飛ばせて便利です。
近所の電気屋さんやホームセンターでも買えるし、楽天などのネットでも安く買えます。

エアダスター(Joshin web)

あ、話を戻しますね。

スキャナーのガラス面や写真の表面に空気を吹きかけるということですね。
これでまずは物理的にホコリを吹き飛ばします。

でも、これだけだとホコリの量は確かに激減するけれど、黒色の背景だとまだ所々ホコリが残るんですよね。
これで、もういいよ!っていう人はいいんですが、もっと綺麗にしたい、ホコリの点々をもっと無くしたいという人は次の対策があります。

スポンサードリンク




スキャンの解像度を調整する

スキャンする時に、「解像度」というのを選べます。
どれだけ細かくスキャンするの?という設定です。

私の家にあるCANONのプリンター(MG7130)では、

  • 600pdi
  • 400bpi
  • 300bpi
  • 200bpi
  • 150bpi
  • 100bpi
  • 75bpi

の7つの設定ができるのですが、数字が大きい方が細かくスキャンします。

せっかくスキャンするのであれば、やはり細かくスキャンして綺麗なデータを保存したい。
ということで600bpiを選択してしまいがちです。
私はもちろん最初は600bpiを選びました。

でも600bpiだと超高画質で、細かなホコリまでスキャンしてしまうんですね。
実は、スキャンする写真を大きく引き延ばしてA4やA3の紙に印刷したり、大画面モニターで表示するのでなければ、300bpiでも十分高画質なんです。

そして、実際に写真をスキャンしてくれる業者さんは300bpiレベルでスキャンをする業者さんが多いですね。

さらに嬉しいことに、600bpiでスキャンするのに比べて300bpiだとデータ容量が劇的に減ります。

私が最近スキャンした写真の例です。
USJの「ハローキティのリボン・コレクション」というアトラクションで写真を撮られて2000円で売りつけ売ってもらった写真です。
サイズは200mmx100mmです。

解像度 データ容量 大きさ(pixel)
600bpi 3.4MB 3590×4771
400bpi 1.4MB 2393×3181
300bpi 984KB 1795×2385

どうでしょうか?300bpiでも1795×2385のサイズだと十分じゃないですか。
スキャンした画像を3枚並べてみてみても、写真自体の色の違いや写真がボケているなどの違いは全く感じません。
逆に300bpiはホコリが消えているので600bpiよりも綺麗な写真に仕上がりました。

一度、お持ちのスキャナーで試してみて納得のいく解像度でスキャンするのがいいですね。
大事なのは高解像度が良いとは限らないということですね。

解像度による違い
↑あれ、あまり目立たないですね・・・画像加工していたらホコリ量もあまり違いがわからなくなってきました。(でも、実際は本当にすごい違いなのですよ。)

まとめ

今回はUSJのキティちゃんのアトラクションで買った写真をみんなに配る為にスキャンしました。
プリント以外にもデータ付きでの販売もされてたんですが、2倍くらいの金額でびっくりしました!

子供を撮影する写真館などでも同じことが言えますが、写真のデータってなぜか高いですよね。
子供の写真館データを高額で買い取った過去があります。

でも、スキャナーでも十分綺麗にスキャンできることがわかりましたよ。

プリンターの影に潜みがちでおまけ的なスキャナーですが、使ってみると案外便利だし、綺麗にスキャンできますね。
これからはスキャナーをもっとガンガン活用していきます!

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ