一庫公園のダム湖畔にある駐車場。森の広場までの階段は結構キツイぞ!

一庫公園
兵庫県川西市にある一庫ダムにある一庫公園へ行ってきました。
実は今回で2回目です。一庫と書いて”ひとくら”って読みます。

なかなか”ひとくら”って覚えられずに、いっこ公園とかいちこ公園って読んでます。

一庫公園には駐車場は2箇所あります。

  • 丘の上にある「丘の駐車場」 駐車スペースは69台。
  • 一庫ダムの湖畔にある「湖畔の駐車場」 駐車スペースは76台。

どちらも駐車料金が無料というのがかなり嬉しい公園っ!
公園自体も広くてのんびりできる、そして遊具や自然もある、そしてトイレなどの設備も綺麗といったとてもオススメの公園ですよ。

ただ、これだけは事前に知っておいたほうがいい、ということがあるのです!

スポンサードリンク




公園は丘の上にあるぞ。湖畔の駐車場に駐車すると・・・

湖畔の駐車場からの階段
「湖畔の駐車場」と「丘の駐車場」どっちに駐車する?とパッと聞かれて一瞬で判断できますか?
公園の自動車入り口ゲートがある知明りんどう橋を渡ると、「右は丘の駐車場、左は湖畔の駐車場」どちらの駐車場へ行くかの判断を迫られます。

初めて一庫公園へ来たときは「あ、公園あるからついでに寄ってみよう」くらいの軽い気持ちだったので公園に関する知識がなく「湖畔の駐車場の方が響きが良いや〜ん、ダム湖見れるし〜」とそちらへ止めました。
まぁ、だいたいこういう焦ったときは総じて間違った判断をするものですね。

公園の中心部である「森の広場」や「森の遊び場」は丘の上にあります。
湖畔の駐車場に車を止めたら、駐車場から丘の上までは階段で行かないと行けません。

その段数、なんと360段!!

とはいえ、このバリアフリーな世の中、スロープとか隠しエレベーターとかあるんでしょ?いや、無いです!歩かないとダメです。ここでは老若男女が自らの足で360段の階段を登らないとダメなんです。
車椅子や松葉杖を使っている人たちも「湖畔の駐車場」へ車を止めてしまったからには階段を登らないと公園へはたどり着けません!

60歳台の僕の母親は平坦な道を歩くだけでも「ふぅふぅ」いうくらいなので、もし母親を連れてきていたなら間違いなく湖畔で散歩するくらいしかできなかったと思います。

子供達が「しんどいよ〜」とグズりながら、そして大人たちも「もうあかん〜」なんて叫びながら、苦悶の表情をしながら丘の上の楽園を想像して登るのです。

スポンサードリンク




素直に丘の駐車場へ!ただし早く行かないと満車になるぞ!

知明りんどう橋
僕は1歳の子供を抱っこしながら、登り降りしました。
翌日は心地よい筋肉痛に見舞われました。体を鍛えるのにはいいかもしれません。

ただ、体を鍛えるのが目的じゃない人は、丘の駐車場へ止めることを強くオススメします。
とはいえ、やはり丘の駐車場が大人気で、早い時間帯で満車になってしまいます。

僕が先日一庫公園へ行ったのは、桜の時期が丁度終わった頃の快晴の日曜日でした。
桜が終わったとはいっても、天気もいいし、丘の駐車場は無理かなぁと思って11時に到着!

一庫公園駐車場入口

予想通り満車でした。

往生際が悪いので一か八かで満車表示でも丘の駐車場へ向かってみました。
もしかしたらちょうど車が出庫するタイミングで止められるかもしれない!もし駐車できなくても、丘の上で家族をおろして僕だけ湖畔の駐車場から階段を登ろうじゃないかっ!
なんて思いつつ丘の駐車場へ車を走らせたのですが、すぐに丘の駐車場から延々と続く車列が目に入り、そそくさとUターンしました。

湖畔の駐車場

Uターンをして仕方なく湖畔の駐車場へ向かうと、何とっ!!湖畔の駐車場もほとんど満車状態でした。8〜9割ほど駐車してました。
湖畔の駐車場がこれなら丘の駐車場は何時に行けば止められるんでしょうね。

朝9時に駐車場の入り口ゲートがオープンするのですが、ゲートオープン前から並んでいる気がしますね。

一庫公園への車でのアクセス

一庫公園へは緑あふれる自然の中にあるにもかかわらず、大阪市内からも一般道で1時間ちょっとなので、自然に飢えている人にもピッタリです。

一庫公園アクセス

駐車台数は丘の駐車場は69台、湖畔の駐車場は76台で、天気の良い週末なんかは満車の可能性もあります。
この周りは民間の駐車場もなさそうなので、駐車場が空くまで待つか、諦めて帰るかということになってしまいそうです。

知明りんどう橋にある駐車場ゲート入り口から湖畔の駐車場までは一方通行です。
「やっぱり丘の駐車場行こうっと!」思ってもそのままダムを半周しないと行けません。気をつけましょう。

まとめ

駐車場問題さえクリアすれば、一庫公園はとても広くて楽しい公園で大人でも十分に楽しめる公園です。
子供はなんだかんだ言っても元気なので大丈夫だと思いますが、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に行く場合は、ぜひぜひ早めに行って丘の駐車場へ止めてあげるようにしましょう!

あと、元気な人だけでいく場合はあえて湖畔の駐車場へ止めてあげるという優しい気持ちがみんなあればいいですね。(はーと)

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ