なにわ淀川花火大会2016のトイレ完備の観覧席!チケット購入はいつから?当日券もある?

なにわ淀川花火大会2016

出典:http://www.yodohanabi.com/

大阪の夏の一大イベントといえば、毎年8月に開催される「なにわ淀川花火大会」ですよね!
今年2016年の開催もすでに決まっていて、2016年8月6日土曜日の午後7時40分開始となっています!
いつもより10分早くスタートですね!

「平成淀川花火大会」から「なにわ淀川花火大会」に名称は変わったりしていますが、あわせて今年で28回目です。
もうすっかり定着した恒例の花火イベントですね!

このなにわ淀川花火大会、規模がとても大きくて、交通の便も良いことから毎年数十万人という観覧者が会場に来ています。
昨年は60万人も現地で花火を楽しんだそうです。

それゆえに、混雑がとんでもないのがネックなんですね。
穴場という穴場はすでに知れ渡っていて、本当の意味での穴場という場所はもう少ないんじゃないでしょうか。

迫力ある花火を見ようと打ち上げ場所の河川敷へ来ても、人の列がなかなか進まないということはよくあります。
河川敷は広いのでどこかに座れることはできるとしても、トイレが無い所だと不安だったりしますよね。

そんな不安を全て解決してくれるのが観覧席です。意外と気軽に購入できる観覧席で、混雑回避して気持ちよく花火を見てみてはどうでしょうか!

スポンサードリンク




なにわ淀川花火大会2016の観覧席について

ひと昔は観覧席で見る、なんて一部のセレブか関係者くらいかと思っていたのですが、観覧席の需要も高まり、最近では有料観覧席の数をかなり確保しています。
金額も高級な観覧席から気軽に使える観覧席まで幅広く用意されているのもうれしいです。
もちろん安くてお得な観覧席でもクッションシートが用意されていて、気持ちよく観覧できますよ。

なにわ淀川花火大会2016観覧席のチケット販売はいつから?金額一覧も!

なにわ淀川花火大会2016座席表

出典:http://www.yodohanabi.com/


なにわ淀川花火大会2016のチケット販売は2016年6月1日からとなっています。
座席の数が多いので開始すぐになくなることはないと思いますが、徐々に埋まってきますので観覧席で見るのを検討している人は各チケット販売サイトでも空席がわかるのでチェックしてみてください!

下の表がなにわ淀川花火大会2016の観覧席金額一覧です。

会場 前売価格 当日価格 最大入場者数 備考






エキサイ
ティングシート
大人 9000円 大人 当日販売なし 6000名 お弁当お茶
机パイプイス
子供 5000円 子供 当日販売なし
アリーナシート 大人 7000円 大人 8000円 4500名
子供 4000円 子供 5000円
団体 大人 8000円 大人 当日販売なし 3500名
子供 5000円 子供 当日販売なし
ステージシート 大人 9000円 大人 当日販売なし 1500名
子供 5000円 子供 当日販売なし
納涼船 大人 18000円 大人 当日販売なし 1700名 お弁当お茶
机パイプイス
子供 10000円 子供 当日販売なし







ライトスタンド1 大人 3500円 大人 当日販売なし 4000名 クッション シート
子供 2000円 子供 当日販売なし
ライトスタンド2 大人 3500円 大人 4000円 3300名
子供 2000円 子供 2500円
ライトスタンド3 大人 前売販売なし 大人 4000円 2200名
子供 前売販売なし 子供 2500円
レフト
スタンド1
大人 3500円 大人 当日販売なし 3300名
子供 2000円 子供 当日販売なし
レフト
スタンド2
大人 3500円 大人 4000円 2800名
子供 2000円 子供 2500円
レフトスタンド3 大人 当日販売なし 大人 4000円 4400名
子供 当日販売なし 子供 2500円
夏ぴあ
シート
S 5000円 当日販売なし 3168名 パイプイス
A 4500円 当日販売なし 2340名
e+(イープラス)
間近で観覧エリア
S 5000円 当日販売なし 2000名 パイプイス
A 3000円 当日販売なし 1000名 クッションシート
読売旅行 セット価格 当日販売なし 1000名 パイプイス
JTB         名 パイプイス



梅田会場 大人 4500円 大人 5000円 6500名 パイプイス
子供 2500円 子供 3000円
ダイナミック
シート
大人 2500円 大人 3000円 2000名 クッションシート
子供 1500円 子供 2000円
セブン-イレブンシート 5000円 当日販売なし 1500名 パイプイス
計 56708名

出典:http://www.yodohanabi.com/

パノラマスタンドは緩やかな芝生斜面になっていて、そこに貸し出されるクッションシートを敷いて座るような感じです。
パイプイスがなくてもそれでも十分ですよね!

チケットはチケットぴあやローソンチケットなど有名なチケット販売サイトで購入できます。
なにわ淀川花火大会2016の公式サイトから購入サイトへのリンクがあります!(http://www.yodohanabi.com/)

もし買うのを忘れていた!という人も当日券があるので安心です!
(でも500円から1000円ほど値段はあがるので事前購入がおすすめです!)

スポンサードリンク




女性のトイレが長蛇の列!トイレ待っている間に花火が終わることも。。。

有料観覧席で見るメリットで、大きな割合を締めるのはトイレが数多く配置されていることでしょう!
観覧席には当然ですがトイレが完備!数多く配置されています。

それに比べて、無料の場所でもトイレはありますが、人数は多くてさらに数も少ないのでトイレの列が本当にすごいです!
並ぶタイミングによって行列の長さは変わってきますが、タイミングが悪いと、トイレに並んでいる間に花火が始まって、トイレが終わる頃には花火が終わるなんてこともあり得るくらいの行列です。
これを考えると、ちょっとお腹を下しやすいという人や、大事なデートでトイレに並び続けたくない!という人は一番安い席でも観覧席がいいんじゃないでしょうか。

観覧席へのアクセス

観覧席は打ち上げ場所の下になります。
打ち上げ場所へは、色々な駅からのアクセスが可能です。

なにわ淀川花火大会2016アクセスマップ

出典:http://www.yodohanabi.com/

●十三会場
JR東西線 御幣島駅
阪神電鉄 姫島駅
阪急電鉄 南方駅・十三駅
JR 塚本駅
地下鉄御堂筋線 西中島南方駅

●梅田会場
阪急電鉄 梅田駅
地下鉄千日前線 野田阪神駅
阪神電鉄 野田駅
JR 大阪駅
地下鉄 梅田駅
JR東西線 海老江駅

特に十三駅・南方駅・塚本駅は毎年大混雑となっています。
あと、付近は交通規制もあるので、車での来場は考えない方が良さそうです。

まとめ

友達同士でワイワイ!というのであれば観覧席は必要ないかも知れませんが、家族やカップルでゆっくりと60分の花火をじっくりと楽しみたいというのであれば、観覧席も検討してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ