ワセリンを鼻の穴や目の周りに塗って花粉症・PM2.5・黄砂対策をしよう!

花粉症PM2.5黄砂の鼻炎

いまや国民病とも言われる花粉症。
春になるとスギやヒノキ、秋になるとブタクサやヨモギなど、、、花粉症に悩まされている人が多いです。
いまや、花粉症の患者数は2000万人以上もいるとされています。

いまでは花粉症だけでなく、PM2.5や黄砂などが原因によるアレルギー性鼻炎もあり、
それら花粉・PM2.5・黄砂などのアレルゲンが合わさってさらに強力なアレルギー性鼻炎を発症することも多いとか。

鼻水や鼻づまり、くしゃみや目のかゆみなどで生活に支障をきたすということで、この時期は耳鼻科に花粉症患者が殺到して耳鼻科は大混雑していますね。

対策といえば、耳鼻科に行って薬をもらうか、市販の薬を飲む、あとは我慢して花粉やPM2.5、黄砂の時期をやり過ごすかというくらいだと思いますが、
最近話題になっている対策、しかも効果てきめんな方法がワセリンを使った対策なのです。

スポンサードリンク




ワセリンって?

ある程度の年代になるとワセリンなんて知っていると思いますが、今の若い人ってワセリンて知っているんでしょうか?

ワセリンを皮膚に塗ると、油膜を張って、皮膚からの水分蒸発を抑えて乾燥を防ぐという効果があったり、逆に外的な刺激から皮膚を保護する効果もあったりします。

簡単にいうと、肌の乾燥を守ったり、小さな出血や炎症を抑えたりしてくれる便利なアイテムです。

ワセリンは薬局やドラッグストアでも買えますし、アマゾンや楽天などのネットでも安く買えます。

Amazonでワセリン一覧を見る

ワセリンを鼻の穴に塗る

ワセリンを鼻の中に塗ります。綿棒の先にワセリンをとって、鼻の穴に綿棒を使ってワセリンを塗ります。たっぷり塗る必要はなくて薄くぬるだけでもいいです。

要は鼻の穴に入ってきた花粉やPM2.5、黄砂などがくっつけばいいだけですね。

指先で塗ってもいいですが、奥の方に塗らないと、外からワセリンを塗ってるのが見えて鼻水が垂れているように見えてしまうので綿棒の方が奥の方まで塗れるので良いと思います。

スポンサードリンク




ワセリンを目の周りに塗る

花粉やPM2.5、黄砂は鼻から入る以外に、目からも侵入します。目からの侵入を防ぐ為に、目の周りにもワセリンを塗ります。これだけで目からの侵入を防いでくれます。

まとめ

鼻の穴と目の周りと紹介しましたが、僕は鼻の穴と顔全体に塗っています。
顔の表面にアレルゲンが付着すると痒くなったりカサカサになったりするので、目の周りだけでなくいつの日からか顔全体に塗るようになっていました。

僕自身花粉症持ちですが、このワセリンで対策をすると、かなり鼻炎が抑えられました。ワセリン自体はすぐに手に入りますし、ワセリン自体は安全なものなので、花粉やPM2.5、黄砂でのアレルギー性鼻炎に困っている人は是非やってみてください。おすすめです。

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ