ひどい咳や目のかゆみは黄砂アレルギーの症状かも!

黄砂

3月4月の春の時期にひどいのが黄砂。中国のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠の黄砂が強風によって巻き上げられ、日本に降り注ぐ困った存在です。
ひと昔前までは黄砂なんて言葉は聞かなかったけれど、2000年以降は強風が増えたり積雪が減って黄砂が巻き上げられ易いとかの原因で黄砂が日本にやってくるようになったようです。
黄砂が飛んできて車を汚す程度の被害ならまだ我慢できますが、問題なのは黄砂アレルギーを発症することです。

スポンサードリンク




黄砂はただの砂ではない!

黄砂はただの砂ではない、もともとタクラマカン砂漠やゴビ砂漠にあるただの砂だったのですが、強風で吹き上がり中国や韓国を横断して日本へ降り注ぐ間に色々な良くない物質を吸着しているのです。硫黄酸化物や窒素酸化物、ダイオキシンやヒ素、細菌やカビ、そしてPM2.5など、他にも色々なものが吸着しています。

ひどい咳や目のかゆみは黄砂アレルギーの症状

黄砂アレルギーという言葉も一般的になりました。ただし、実際は黄砂がアレルギーの原因になるわけではなく、正しくは黄砂が肺や鼻などに刺激を与えてアレルギーを活発化させてしまうのです。
アレルギーが活発化すると、ひどい咳が止まらなかったり、目のかゆみが収まらなかったりひどい状態になります。こんな咳や目のかゆみの状態になってしまうとうがいや市販の薬、トローチや目薬くらいではとても対応できなくなります。

ひどくなる前に、少しでもおかしいなと感じたら早めに耳鼻咽喉科や内科に行くことをオススメします。

スポンサードリンク




黄砂アレルギーの症状が出なくても・・・

咳が止まらなかったり、目がかゆくなったりといった黄砂アレルギーの症状が出ていないから私は関係ない、なんてことは全くありません。
黄砂には体に悪い物質がたっぷりと吸着されています。黄砂が飛んできている時は普通に生活しているだけで、体に吸い込んでしまいます。そして厄介なことに吸い込んだ物質は肺などに固着してしまうのです。今、症状が出ていなくても肺にどんどん固着していると考えたら怖いですね。

大事なのは対策を取ること

今は黄砂予報はテレビでもお知らせしているし、ネットでもチェックできますね。必ず黄砂予報はチェックしましょう。
黄砂が降り注ぐ日に無防備に外に出るのは危険です。

黄砂が降り注ぐ日に外出する場合は、必ずマスクとめがねを着用することが重要です。そして外から帰ってきた時や食事の前には手洗いやうがいを忘れないことです。基本は風邪の予防と同じ対策をすればいいですね。

あと、重要なのは黄砂がひどい日には洗濯物は外で干さないことです。外で干した日には、、、せっかく洗った洗濯物に黄砂はもちろん、有害物質がびっしりです。肌に触れるものなので、洗濯物の対策も軽く見ない方がいいです。

しっかりとした黄砂対策で、黄砂アレルギーを乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ