浅田真央出演のTHE ICE(ザ・アイス)、大阪公演には高橋大輔も!チケット発売中!

theice(ザ・アイス)

浅田真央が出演する毎年夏恒例のアイスショー、THE ICE(ザ・アイス)真夏の氷上祭典が今年も行われます!
毎年大人気でチケット入手も簡単にはいかない人気アイスショーです。

間近で浅田真央の滑りが見れるところなんて限られているので、THE ICEのチケット入手が難しくなるのもわかりますね。

浅田真央以外にも、村上佳菜子や宮原知子、宇野昌麿や無良崇人など人気の現役スケーターが多く出演しとても見応えのある国内トップクラスのアイスショーです。

そして、先日ニュースになっていましたが、現役を引退した高橋大輔がこのTHE ICEの大阪公演に出演することが正式に決定しました。
THE ICEへの高橋大輔の出演は2007年以降9年振りになります。
高橋大輔の熱狂的なファンのみならず、ぜひとも見てみたいですよね。

今年2016年のTHE ICEは名古屋の愛知県体育館と北九州の西日本総合展示場、そして大阪の大阪市中央体育館の3会場で行われるのですが、特に高橋大輔が出演する大阪公演が人気になると予想されます。

今回は、THE ICEの特に大阪公演にスポットを当てて、出演者やチケット、アクセス情報などをお伝えしていこうと思います。

スポンサードリンク




THE ICEについて簡単に紹介します

THE ICE(ザ・アイス)は2007年に始まったアイスショーで、今年はTHE ICEも10周年を迎え、「10th anniversary party!」をテーマとして開催します。

THE ICEといえば、浅田真央で第1回からずっと出演しています。
第1回から出演し続けているのは浅田真央と小塚崇彦くらいです。アイスショーの座長という立場ですね!

THE ICE 大阪公演の出演者について

THE ICE2016の大阪公演で、出演者が決定しホームページに掲載されています。

掲載されている出演者(キャスト)は、浅田真央/宮原知子/村上佳菜子/浅田舞/宇野昌麿/無良崇人/高橋大輔(大阪公演のみ)/ジョアニー・ロシェット/カロリーナ・コストナー/長洲未来/ジェフリー・バトル/パトリック・チャン/アダム・リッポン/チン・パン&ジャン・トン/ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ

毎回出ていた小塚崇彦は引退し、スケート界から完全に退くと表明しているので、出演はなさそうですね。少し残念ですね。

しかし!まだ予定という段階ですが、今回のTHE ICEも豪華ですね。
個人的にはやっぱり高橋大輔が気になりますね。

スポンサードリンク




チケットは現在先行発売中。一般発売もあります!

大人気で入手の難しいTHE ICEのチケット。特に大阪公演のチケットは人気になると思いますが、先着先行発売が5月8日まで受付中です。
先行発売が終わったら、5月14日10時から一般発売開始となります。

まだまだ先行発売で受付中なので、気になる人は早速チェックしてくださいね!!

楽天チケット(THE ICE大阪公演)

他にもチケットぴあやローソンチケット、CNプレイガイドやイープラスで取り扱いしています。

大阪公演は大阪市中央体育館での公演です。

  • 2016年7月30日(土) 12:00〜
  • 2016年7月30日(土) 17:00〜
  • 2016年7月31日(日) 12:00〜

の3回公演となり、気になるチケット料金は

  • アリーナ 22,000円
  • スタンドS 15,000円
  • スタンドA 9,000円

となっていて、4歳からチケットは必要となります。(3歳以下は入場できません)

座席表

THE ICEの座席表が見つからなかったのですが、参考までに別アイスショーの座席を貼っておきます。
だいたいアイスショーではこの形式がスタンダードなのでイメージがわくと思います。

大阪市中央体育館へのアクセス

大阪市中央体育館へは電車がとても便利です。
大阪市営地下鉄中央線の朝潮橋駅を降りてすぐのところが八幡屋公園になっていて、その中に大阪市中央体育館はあります。

車で行く場合でも阪神高速の天保山出口を降りて数分のところにあり、わかりやすいと思います。
駐車場も八幡屋公園駐車場が118台、大阪市中央体育館駐車場が125台のスペースがあるので安心です。
どちらかというと、大阪市中央体育館駐車場は体育館の地下にあるので便利です。

まとめ

今年のTHE ICEでは現役続行を決意したけれど、なかなか思い通りの成績が残せなく苦しみながらも困難に立ち向かって挑戦し続けている浅田真央が見れると思います!!
そして、久しぶりの高橋大輔の滑りも楽しみですね!

スポンサードリンク




コメントを残す

このページの先頭へ